東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県なら
即日現地調査無料!

COLUMN

お家に関するコラムをご紹介します

屋根の葺き替えとは?メリットと葺き替えの時期|ホームドクター119番

屋根の葺き替えとはどんな工事なのか、わからない方も多いと思います。

こちらでは東京、埼玉、神奈川、千葉にお住まいの方に向けて屋根の葺き替えについての情報を発信します。

葺き直しやカバー工法との違いや、葺き替えの時期についても紹介します。

屋根の葺き替えとは?どんなメリットがあるの?

屋根の葺き替えは、今の屋根材を取り除いて新しい屋根材に張り直す工事です。

塗装の塗り替えや補修では対応できなくなった時に、新しい屋根材に張り替えます。

メリットは?
  • 屋根の寿命が延び、メンテナンスサイクルを長くすることができる
  • 屋根材を取り除く際に、下地の補修ができるため建物自体の寿命を延ばすこともできる
  • 軽い屋根材に替えることで耐震性をあげられる
  • メンテナンス頻度の少ない屋根材に替えると、維持費の節約につながる

今現在の屋根材を新しい屋根材に替える方法としては、「葺き直し」や「カバー工法」もあります。

屋根葺き替えと葺き直し、カバー工法って何が違うの?

DYIでできることは、雨が浸入している箇所を探し、安全にできる範囲内でシーリング材やテープなどでふさぐことです。

屋根葺き替えと葺き直し、カバー工法って何が違うの?

既存の屋根材を撤去し、下地の状況を確認して、補強・修繕を行ってから野地板、防水シートを新しく貼り付けます。その上で新しい屋根材を設置します。

工期や費用はかかりますが、見た目だけでなく、建物自体の寿命も長くなり、強風や大雨などの自然災害にも強くなります。

また新しい屋根材を軽い屋根材にすることで、家全体の重心が下がり、耐震性を上げることができます。

葺き直し

葺き直し

現在の屋根を一旦取り外し、下地の補強や修繕を行うところまでは「葺き替え」と同じです。その後は、現在の屋根材を再利用して仕上げます。主に瓦屋根で行われる工事です。

瓦は陶器でできているため瓦自体はメンテナンスの必要がありません。再利用ができ、新しい屋根材が必要ない分、費用を抑えることができます。

カバー工法

カバー工法

現在の屋根は取り外さずに、その上に新しい屋根をかぶせる工法です。

屋根を取り外す作業が必要なく廃材も出ないため、葺き替えに比べて費用を安く済ませられ、工期を短くすることができます。

さらに屋根が二重になるため、断熱性や遮音性が上がるメリットもあります。

ただし屋根の下地まで劣化がすすんでいる場合は、施工ができません。

またカバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根がかぶさるため屋根の重量が増します。そのため選べる屋根材は、軽量な金属系の屋根材に限られます。

葺き替え、葺き直し、カバー工法の施工可能な屋根材

種類
屋根葺き替え
屋根葺き直し
屋根カバー工法
施工可能な屋根材
  • 化粧スレート
  • 金属屋根材
  • アスファルトシングル
  • 瓦屋根
  • 既存の屋根材より重い屋根
  • 瓦屋根
  • 化粧スレート
  • 金属屋根材
  • アスファルトシングル
  • 瓦屋根
  • 太陽光発電設置の屋根
メリット
  • メンテナンスサイクルが長くなる
  • 見た目を一新できる
  • 既存の屋根材が使える
  • 葺き替えより費用を抑えられる
  • 工期が短い
  • 低コスト
  • 見た目を一新できる
デメリット
  • 工期が長い
  • 費用が高い
  • 工期が長い
  • 見た目は変わらない
  • 使用できる屋根材が限定される
  • 屋根の劣化がすすんでいる場合はできない

上記の方法やメリットデメリットを知った上で専門業者に相談しましょう。

屋根の葺き替えが必要な時期はいつ?

屋根の葺き替えが必要になるタイミングは屋根の劣化状況により変わります。こちらではそのサインを紹介します。

色あせ
屋根の葺き替え_色あせ屋根の表面全体が色あせている場合、屋根が劣化している可能性があります。
ヒビや欠け
屋根の葺き替え_ヒビや欠けヒビや欠けが一部分の場合は補修工事で済むこともありますが、全体的に広がっている場合は、葺き替えの必要があります。
コケ
屋根の葺き替え_コケコケが根付いている場合は、屋根自体に湿気が含まれている可能性があります。その場合、防水性や強度も落ちているため、葺き替えが必要です。
歪んでいる
屋根の葺き替え_歪んでいる屋根が柔らかくなっていたり、全体が波打っているように歪んでいたりする場合、下地まで水が侵入している恐れがあります。早急に葺き替えが必要な状態です。
雨漏り
屋根の葺き替え_雨漏り雨漏りが発生しているときは、すでに内部にまで水が侵入しています。部分的な補修では済まないため、屋根の葺き替えが必要です。

どんな些細なことでもお気軽に「ホームドクター119番」までご相談ください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ホームドクター119番.jp
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-25-29 ファザーランド高田馬場10F
TEL: 0120-105-119
URL: http://ホームドクター119番.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

電話は年中無休8:00~20:00
メールLINEは24時間受付

たいせつにしますプライバシー運営会社の株式会社リンクスはプライバシーマークの付与認定を受けています。