東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県なら
即日現地調査無料!

COLUMN

お家に関するコラムをご紹介します

屋根の雨漏りでしてはいけない応急処置|ホームドクター119番

こんにちは。
ホームドクター119番です!

突然の雨漏りに見舞われてしまったら、誰しもびっくりしますよね!
すぐさま対処したいところですが、なかなか業者を呼ぼうにもそうそうすぐに呼べる状況でないことが多いですよね。
そこで、できるだけ雨漏りによる被害を抑えるためにも応急処置を施しておきたいところですが、
良かれと思って施した応急処置が、状態の悪化を招くことに繋がる可能性も・・・
そこで本日は、屋根の雨漏りで行ってはいけない応急処置についてご説明します!

【屋根の応急処置は慎重に!】

①防水材を使ってDIYしてみるのは危険!

一部のちょっとした雨漏り程度、業者に依頼せずとも自分で直せるとお思いの方がいらっしゃるかもしれません。
特に最近はDIYが人気を集めているので、いろいろ試した延長線上で修理もやってみよう!などと思ってしまったりする方も多いかもしれません。
防水用のテープやシート、コーキング材もホームセンターなどで簡単に手に入る上、
修理の仕方などもインターネットで検索すれば動画でチェックできます。
しかし実際は簡単なようでなかなかうまくいかないのが実情です。
どこで雨漏りが発生しているかを見極められなければ、全く見当違いで意味のない修理にもなりかねません。
その上、屋根が雨漏りしている根本的な原因は、全体的な防水材の劣化や破損が主な原因であることが多いのです。
その場合は、目に見える部分的な劣化部分を処置しても解決したとは言えません。
むしろ他の目には見えない劣化部分に気づくことがないまま悪化の進行を食い止めることができず、
家の寿命を縮めることに繋がりかねません。
その様な事態を防ぐためにも、専門家に依頼しましょう!

②釘打ちも専門家に任せて!

雨漏りの原因の1つに板金を固定していた釘が抜けてしまったことが原因によるものがあります。
釘打ちくらいであれば、前の痕跡もある訳だから自分で解決できると思ってしまいがちですが、それは危険です!
釘打ちを誤ってしまった場合、力加減が分からず余計なところに穴が開いてしまった場合等、
更に雨漏りを引き起こす原因となってしまいます。
簡単そうに見える修理であっても、一度専門家に相談するようにしてください!

いかがでしたでしょうか。
この他にも様々な修理が必要な状況はありますが、
何をするにしても一度手を加えてしまうと後戻りできないこともあるので、
速やかに修理が必要な状況に陥っても慌てず、専門家に相談するようにしましょう。
台風をはじめとした大規模な自然災害の場合は、地域一帯が修理が必要になるなどして
専門家の対応にも遅れが出てしまう可能性はありますが、
一次的にご自分で安全にできる対処法を教えてくれるはずですよ!

お困りの際は、是非「ホームドクター119番」までご連絡ください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ホームドクター119番.jp
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-25-29 ファザーランド高田馬場10F
TEL: 0120-105-119
URL: http://ホームドクター119番.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

電話は年中無休8:00~20:00
メールLINEは24時間受付

たいせつにしますプライバシー運営会社の株式会社リンクスはプライバシーマークの付与認定を受けています。